メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

政界再編再燃 統一地方選、野党大敗で

 【ソウル堀山明子】13日投開票された韓国の統一地方選は、文在寅(ムンジェイン)大統領の与党「共に民主党」の圧勝に終わった。惨敗した保守系野党「自由韓国党」の洪準杓(ホンジュンピョ)代表は14日、引責辞任を表明。2月に発足したばかりの中道系保守新党「正しい未来党」の党首も辞任し、党内からは保守系結集のため政界再編を目指す声も上がっている。

 「一夜で権力が全面的に変わった」。釜山の地元紙「釜山日報」は1面トップで、釜山市、蔚山市、慶尚南道の3首長に革新系与党候補が当選したことをこう報じた。これらの地域は保守地盤。1995年に統一地方選が始まって以来、2010年に無所属の慶尚南道知事が誕生したことはあるが、革新系候補の当選は初めてだ。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです