メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「声かけ」からエスカレート

行政から配信されている不審者情報のメール画面

 新潟市の女児殺害事件で、容疑者が逮捕されて14日で1カ月。子どもを持つ保護者は不安を募らせている。事件との関連性は不明だが、子どもを対象にした性犯罪者には小児性愛障害が疑われるという。障害がどのようなもので、どんな子どもが狙われるのか。

 「(子どもが)殺されてから騒いでも遅い! うちの子どもは殺されなかったけど、だから良かったとは思わない」

 娘(当時7歳)が強制わいせつの被害に遭った静岡県在住の母親は語気を強める。7年前に起きた忌まわしい出来事。今も鮮明な記憶として脳裏に焼き付く。

この記事は有料記事です。

残り2508文字(全文2752文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです