メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「声かけ」からエスカレート

行政から配信されている不審者情報のメール画面

 新潟市の女児殺害事件で、容疑者が逮捕されて14日で1カ月。子どもを持つ保護者は不安を募らせている。事件との関連性は不明だが、子どもを対象にした性犯罪者には小児性愛障害が疑われるという。障害がどのようなもので、どんな子どもが狙われるのか。

 「(子どもが)殺されてから騒いでも遅い! うちの子どもは殺されなかったけど、だから良かったとは思わない」

 娘(当時7歳)が強制わいせつの被害に遭った静岡県在住の母親は語気を強める。7年前に起きた忌まわしい出来事。今も鮮明な記憶として脳裏に焼き付く。

この記事は有料記事です。

残り2508文字(全文2752文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 首相答弁否定のANAホテル、自民幹部と会談後に“沈黙”…圧力はあったのか?

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです