メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 開幕 市民社会の変化見て=モスクワ支局長・大前仁

 <Russia 2018 WorldCup>

 ロシアのプーチン大統領がまれに英語を使うことがある。2007年の国際オリンピック委員会(IOC)総会でソチ冬季五輪(14年)の招致を訴えた時。10年の国際サッカー連盟(FIFA)総会でワールドカップ(W杯)開催への支持を呼びかけた時。そしてW杯開幕を控えた13日、再びFIFA総会で「Welcome to Russia」と口にした。

 来客を迎える思いだけではなく、大会を成功させたい必死さが言葉に表れたのかもしれない。一大イベントだったソチ五輪が成功とは言えなかったからだ。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです