メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 開幕 市民社会の変化見て=モスクワ支局長・大前仁

 <Russia 2018 WorldCup>

 ロシアのプーチン大統領がまれに英語を使うことがある。2007年の国際オリンピック委員会(IOC)総会でソチ冬季五輪(14年)の招致を訴えた時。10年の国際サッカー連盟(FIFA)総会でワールドカップ(W杯)開催への支持を呼びかけた時。そしてW杯開幕を控えた13日、再びFIFA総会で「Welcome to Russia」と口にした。

 来客を迎える思いだけではなく、大会を成功させたい必死さが言葉に表れたのかもしれない。一大イベントだ…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです