HPVワクチン

再開は「政治案件」 厚労省幹部「首相も後ろ向き」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 HPVワクチンの接種勧奨を再開するかどうかは、首相官邸中心の「政治案件」になっている。厚生労働省は接種後の運動障害はワクチン自体の問題ではないとみているが、政府は副作用を心配する保護者らを考慮し、情報提供で理解を深めるとする対応を当面続ける方針だ。

 同ワクチンは2013年6月、定期接種対象となってから3カ月弱で勧奨が中止された。その後、厚労省の有識者検討会は運動や知覚などの障害は痛みや不安が引き金になる「機能性身体症状」との見解…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集