メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

父親の子育てにエール NPOや自治体支援 子どもとふれあう講座開設

「パパのための子育て講座」で体を使った飛行機遊びをする親子=東大阪市で2018年5月26日、御園生枝里撮影

 17日は父の日。「子育ては母親がするもの」という固定観念にとらわれず、男性の育児を考えたい。自治体では父親向けの子育て関連の行事が多数開かれるようになったが、仕事との両立の難しさなどで、なかなか参加者が増えない。こうした現状の中で、男性の育児を支援する、さまざまな取り組みを取材した。【御園生枝里】

体遊び、工作、料理イベント/長期計画で育児グループ結成

 「もう1回、もう1回」。5月下旬に東大阪市で開かれた「パパのための子育て講座」で、NPO法人「ファザーリング・ジャパン関西」の島津聖事務局長(36)が、絵本の読み聞かせや、新聞紙など身近なものを使った遊び、飛行機や抱っこなどの体遊びのコツを教えた。7組の父子が参加し、子どもが父親に何度も遊びをせがんでいた。

 2歳の長女と参加した東大阪市の会社員、平山龍也さん(41)は「娘と家にいる時に、テレビを見せるだけになってしまうこともあり、いろいろな遊び方が参考になった。子どもが喜び、自分も楽しかった」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り2238文字(全文2673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです