メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

企業の参入相次ぐ 新法きょう施行 シェア文化注目

 民泊のルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が15日に施行される。違法な「ヤミ民泊」をなくし、訪日外国人旅行者の受け皿とするのが新法の目的だ。将来の普及を見越し、民泊の物件を紹介する「住宅宿泊仲介業者」などには企業の参入が相次いでいる。(26面に「揺れる民泊」)

 「民泊によって(宿泊手段の)選択肢が増えるのは旅行者にとってはうれしいことだ」。スウェーデンから京都市内に観光に訪れたエンジニアのモートン・アンバーグさん(28)は、民泊仲介サイト世界最大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)を利用し、民泊マンションを予約した。「宿泊先は立地と価格などいろいろな条件を見て選びたい」と仲介サイトの使い勝手にも満足げだ。

 エアビー社は新法施行前に受け付けたヤミ民泊の予約を取り消し、混乱を招いたが、ネイサン・ブレチャージ…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文917文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです