メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛省

陸上イージス「配備の可能性高い」秋田県に説明

秋田県議会の全員協議会で説明を行う東北防衛局の深澤局長(左)と防衛省の五味戦略企画課長=秋田市で2018年6月14日午前11時11分、森口沙織撮影

 政府が導入を目指す陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を「最適候補地」としている問題で、防衛省は14日、秋田県議会と秋田市議会に計画の説明を行った。担当者は「今後の(実地)調査で大きな不具合が生じづらいと考え、配備できる可能性は高い」と強調した。また、小野寺五典防衛相が近く来県し、佐竹敬久知事らに面会することが明らかになった。日程は調整中という。【山本康介、森口沙織】

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです