メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
防衛省

陸上イージス「配備の可能性高い」秋田県に説明

秋田県議会の全員協議会で説明を行う東北防衛局の深澤局長(左)と防衛省の五味戦略企画課長=秋田市で2018年6月14日午前11時11分、森口沙織撮影

 政府が導入を目指す陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場を「最適候補地」としている問題で、防衛省は14日、秋田県議会と秋田市議会に計画の説明を行った。担当者は「今後の(実地)調査で大きな不具合が生じづらいと考え、配備できる可能性は高い」と強調した。また、小野寺五典防衛相が近く来県し、佐竹敬久知事らに面会することが明らかになった。日程は調整中という。【山本康介、森口沙織】

この記事は有料記事です。

残り1435文字(全文1648文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです