メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

立て看板、西部構内に設置場所 学外から見える位置

百万遍交差点に面した京都大吉田キャンパス本部敷地の北西角の石垣に設置された立て看板と畳。規制に反対する人のメッセージが掲示されている=京都市左京区で2018年6月14日、菅沼舞撮影

 京都大は吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板規制について13日、新たに学外から見える西部構内に設置場所を設ける方針を示した。昨年12月に決めた規定では、設置は本部敷地▽吉田南▽北部のキャンパス内の計6カ所に限定され、規制に反対する一部学生や教職員らから「学外者や市民に大学の内情や学生の思いを知ってもらう機会が失われる」などの意見が出ていた。京大は「学生の意見や要望などを踏まえ、対応を図った」と説明している。【菅沼舞】

 新設場所は道路からも立て看板が見える位置という。大学側がフレームなどを設けて倒れないようにするなど…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです