メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HPVワクチン

健康被害者、診療体制の充実訴え

HPVワクチン接種後の健康被害を訴える酒井七海さん(左)ら=東京都千代田区の厚生労働省内で2018年6月14日、熊谷豪撮影

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの積極的な接種呼びかけが中止されて5年となった14日、接種後の健康被害を訴えて国や製薬会社に損害賠償を求めている原告団らが、東京都内で記者会見した。運動障害や体の痛みは続いており「元の体に戻してほしい」と診療体制の充実を求めた。

 原告団代表の酒井七海さん(23)=埼玉県ふじみ野市=は手足が思うように動かせない。車いすにも座れず、寝たきり状態だった時期もあり、「治療法を確立してほしい」と改めて訴えた。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  4. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

  5. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです