メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナツツバキ

無常の白 京都・東林院で愛でる会

 平家物語ではかなさの象徴「沙羅双樹(さらそうじゅ)」として登場するナツツバキを観賞する「沙羅の花を愛(め)でる会」が15日、妙心寺の塔頭(たっちゅう)・東林院(京都市右京区)で始まった。庭のコケの上に白い花が落ち、参拝者の目を引いていた。30日まで。

 同院によると、釈迦(しゃか)が亡くなった際に周…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです