日本酒フェア

1000銘柄を飲み比べ 池袋で16日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年の公開きき酒会の様子=日本酒造組合中央会提供
昨年の公開きき酒会の様子=日本酒造組合中央会提供

 全国の酒蔵が醸した約1000銘柄の日本酒が一堂に会する「日本酒フェア2018」が6月16日、東京・池袋サンシャインシティで開かれる。今年の全国新酒鑑評会で金賞に輝いた日本酒の飲み比べイベントもあり、北海道から九州までさまざまな地酒が楽しめる絶好の機会になりそうだ。

 酒造業界の全国組織「日本酒造組合中央会」が主催。鹿児島と沖縄を除く45都道府県の酒造組合が出展し、各地の自慢の地酒の試飲・販売を実施する。漬物や珍味の業界団体もブースを設けており、日本酒に合うつまみを買い求めること…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集