メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熟年調査

女性へそくり男性の1.6倍 不仲夫婦ほど多く

「不仲夫婦」の方が「仲良し夫婦」よりへそくり額が多く、特に「不仲…」の妻の平均は900万円近くになる=ハルメク提供

 シニア向け女性誌「ハルメク」を発行するハルメク(東京都新宿区)は、熟年男女のへそくりに関する調査結果をまとめた。へそくりの平均は436万円で、男女別では女性が男性を大きく上回った。また、夫婦仲とへそくりの関係を見ると、不仲の夫婦ほど、へそくりが多い傾向がみられたという。

 調査は60~79歳の結婚している男女437人を対象に、インターネットを通じて今年1月に実施した。回答者の内訳は女性237人、男性200人。

 「へそくりがある」と回答したのは全体の53.5%で、金額で最も多いのが「50万~200万円未満」の29.5%。次いで、「50万円未満」(23.1%)、「200万~500万円未満」(16.7%)と続く。「1000万円以上」と答えた人も15.8%いた。男性の平均が330万円だったのに対し、女性の平均は514万円と男性の約1.6倍に上った。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです