メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

日朝首脳会談目指す 拉致被害者家族と面会

安倍晋三首相(右端)と面会する、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(右から2人目)、横田早紀江さん(同3人目)ら=首相官邸で2018年6月14日午後、藤井達也撮影

 安倍晋三首相は14日、首相官邸で拉致被害者家族と面会した。12日の米朝首脳会談の結果を説明し、拉致問題の解決に向けて日朝首脳会談の実現を目指す考えを示した。

 複数の政府関係者によると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は米朝会談で、安倍首相との会談を排除しない姿勢を示したといい、政府は日朝会談の実現に向けた調整を本格化させた。

 首相は拉致被害者家族に対し、トランプ米大統領が金委員長との会談で拉致問題を提起したことを報告。そのうえで、「あとは日本の問題として、北朝鮮と直接向き合い、問題を解決していく決意だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです