メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

日朝会談は拉致進展が前提 金氏の真意見極め

安倍晋三首相(右端)と面会する、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(右から2人目)、横田早紀江さん(同3人目)ら=首相官邸で2018年6月14日午後、藤井達也撮影

 14日に拉致被害者家族会と面会した安倍晋三首相は、日朝首脳会談の実現に改めて意欲を示したが、開催にあたっては拉致問題で進展があることが条件との姿勢を崩していない。日朝対話を排除しない姿勢を示した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の拉致問題に関する真意を見極めたい考えだ。

 ソウルを訪問している河野太郎外相は14日、ポンペオ米国務長官と会談。米朝首脳会談の説明を受けた後、「北朝鮮と拉致問題を含むさまざまな懸案事項を話し合う用意がある」と伝えた。同日の記者会見では日朝首脳会談について、「ただ話をすればいい…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです