メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR法案

15日衆院委採決 成立へ来月まで会期延長調整

 衆院内閣委員会は14日の理事懇談会で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を採決する委員会を15日に開くことを山際大志郎委員長(自民)の職権で決めた。これに対し、野党は担当する石井啓一国土交通相の不信任案を14日に提出するなど徹底抗戦の構え。政府・与党は当初検討していた同委に続く衆院本会議での採決を来週に先送りし、20日までの会期を来月8日まで延長する調整に入った。

     衆院は14日の本会議で、立憲民主党など野党6党・会派が提出していた山際氏の解任決議案を、自民、公明両党などの反対多数で否決した。しかし、立憲など6党・会派は同日、石井氏の不信任案を衆院に提出した。

     立憲の辻元清美国対委員長は記者団に「ほとんどを政令に委ねる無責任な法案だ」と法案の不備を指摘。「(野党が)一致団結して採決に持ち込ませない」と強調した。

     与党は、15日の衆院本会議で石井氏の不信任案を否決した上で、同日の内閣委でIR法案を可決する方針。当初は、衆院本会議での採決も15日に強行する構えだった。しかし、野党が古屋圭司衆院議院運営委員長(自民)の解任決議案の提出を視野に入れるなど徹底抗戦する構えであることや、参院で同法案を審議する委員会は他の法案を審議中であることから、15日の衆院本会議採決は見送る。

     衆院通過は19日になる見通しだ。このため、国会会期を延長し、法案の確実な成立を図る。【村尾哲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]