メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会

憲法審幹事懇開けず IR法巡る与野党対立激化で

 自民、公明両党と立憲民主党など野党は14日、衆院憲法審査会の幹事懇談会の開催を見送った。憲法改正の手続きを定める国民投票法改正案について協議する予定だったが、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を巡る与野党対立の激化を受け、野党が開催に応じなかった。

     自民党は7日の幹事懇で国民投票法改正案の取り扱いに関する申し合わせ文書を示したが、立憲や国民民主党は回答せず持ち帰っていた。野党幹事は14日の幹事懇に応じなかった理由について「国会がこのような状況で、憲法審だけ合意するようなことはできない」と説明した。与党は協議を続ける構えだが、改正案成立の見通しは立っていない。【田中裕之、立野将弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]