メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボーナス

大企業平均 過去最高の96万7386円

 経団連が14日に発表した大企業の今夏のボーナス妥結状況(第1回集計、回答96社)によると、製造業と非製造業を合わせた組合員の総平均は前年比6・71%増の96万7386円と2年ぶりに増加に転じた。金額は1959年の調査開始以来、過去最高。経団連は「好調な企業業績を反映した結果」と分析している。

     業種別では(1)建設157万3957円(前年比10.71%増)(2)自動車106万1566円(同6.27%増)(3)化学93万9775円(同9.16%増)--の順に高かった。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた建設需要増加や人手不足から建設業が伸びた。

     経団連は安倍晋三首相の賃上げ要請を踏まえ、春闘で年収ベースで3%を上回る賃上げを会員企業に求めてきた。賃金水準を底上げするベースアップや定期昇給を含む大企業の月給の賃上げ率は平均2.54%。好調なボーナスを受け、経団連は「年収ベースは3%を超える」とみている。

     調査対象は東証1部上場の251社。最終集計は7月下旬に公表する。【横山三加子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
    2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
    3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
    4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
    5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです