メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21世紀フォックス

コムキャストとディズニーが買収合戦

 【ワシントン清水憲司】米通信大手コムキャストは13日、米メディア大手「21世紀フォックス」に対し、映画スタジオなど一部事業の買収を提案したと発表した。フォックスは昨年12月、米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーへの売却で合意しており、コムキャスト対ディズニーの買収合戦になった。米通信・メディア業界は、映画・動画配信で台頭するネット企業に対抗するため合従連衡の動きが強まっている。

 発表によると、コムキャストはフォックスに1株あたり現金35ドルを支払うことを提案した。買収総額は約650億ドル(約7.1兆円)。ディズニーの提案を金額で19%上回るという。ディズニーは買収条件の引き上げを含め対応策を検討するとみられる。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです