南スーダン内戦

政府と反対勢力トップが初の直接会談へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ヨハネスブルク小泉大士】南スーダン内戦を巡り、最大の反政府勢力を率いるマシャール前第1副大統領はキール大統領との会談に応じる方針を固めた。会談は今月20日にエチオピアで行われる予定。マシャール氏の報道官が13日、毎日新聞に明らかにした。政府、反政府勢力トップの直接会談が実現すれば、2016年7月…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

あわせて読みたい

注目の特集