メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遺伝子

ゲノム編集で細胞がん化の恐れ 米医学誌に発表

 遺伝子を狙い通りに操作するゲノム編集技術のうちで、最も研究利用が進んでいる「クリスパー・キャス9」で遺伝子を改変した細胞はがん化する恐れが高まるとの研究成果を、スウェーデンのカロリンスカ研究所などのチームが米医学誌に発表した。

 クリスパー・キャス9はノーベル賞確実とも言われ、医療などでの応用が期待されているが、難しい課題を突き付けられた形だ。

 チームは、クリスパーという分子を入れた際に効率よくゲノム編集できる細胞には、がん抑制遺伝子が働かな…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文439文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]