メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HPVワクチン

接種勧奨中止5年、情報なく迷う保護者

HPVワクチンについてのパンフレットを見つめる女性=さいたま市で2018年5月、熊谷豪撮影

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの積極的な接種呼び掛けが、相次ぐ副作用報告によって中止されてから、14日で5年が過ぎた。対象年齢の子を持つ保護者は、分かりにくい国の対応の中で、接種のメリットとリスクの比較を迫られてきた。自治体からの案内も届かなくなり、こうしたワクチンがあることを知らないままの保護者も少なくない。

 「副反応(副作用)の不安は最後まで消えなかった」。埼玉県所沢市の女性(53)は3月、中学3年の次女…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです