メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HPVワクチン

健康被害で係争中女性と母「国は説明を」

 HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの副作用で健康被害を受けたとして、国と製薬会社に賠償を求めて名古屋地裁で係争中の女性(20)=三重県鈴鹿市=と母親(39)が毎日新聞の取材に応じた。接種から約7年。母娘は「国は接種しようとする人に、私たちのような症状が出た人もいると、しっかり説明すべきだ」と訴える。

 女性は中学2年時、学校の勧めで3回接種した。1回目の後に風邪のような症状が出て2回目以降は頭痛や吐…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文549文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです