メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

山形県立3施設で94人分の不妊手術記録

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で山形県は14日、県立の知的障害者3施設を対象にした調査で、94人が「優生手術」を受けたとする資料が見つかったと発表した。県はこれまで31人が強制手術を受けたとしていたが、重複者11人を除く83人を新たに認定し、計114人が手術を受けたと確認。強制性については「確認できなかった」としている。

     県は3施設のうち最も古い施設が設立された51年以降、施設職員が入所者の生活記録をまとめた「児童記録簿」など、施設が保管していた資料を精査し、元職員からも聞き取り調査した。【二村祐士朗】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
    3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
    4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]