メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天童

将棋駒生産額V字回復 ふるさと納税で振興策

ふるさと納税で人気が高まった将棋駒ストラップ=山形県天童市内で2018年6月1日午後2時41分、深尾昭寛撮影

 19、20日に「第76期名人戦七番勝負」(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第6局が開催される山形県天童市は、将棋駒生産額が国内屈指の「将棋のまち」として知られる。1980年代以降の将棋駒需要の減少で、江戸時代から続く伝統産業は危機的な状況に陥っていたが、ここ数年は生産額がV字回復している。その背景には、快進撃を続ける藤井聡太七段らがもたらす将棋ブームに加え、「ふるさと納税」を生かした独自の振興策があった。【深尾昭寛、松尾知典】

 天童の将棋駒生産には、天童藩が江戸時代後期、財政再建の一環で藩士に駒づくりを奨励した歴史がある。木地に漆で文字を書く「書き駒」など安価な大衆駒づくりが中心だったため、戦時中は戦地への慰問品として需要が急増。木地作りの機械化も進み、大阪を退けて全国一の産地に成長した。天童市によると、ピークの80年には将棋駒産業の生産額が約4億7100万円に達した。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 米国で白人警官が黒人男性の首押さえ死亡 差別への抗議活動が過激化

  3. 黒人男性死亡で米政権「解明を最優先事項」 トランプ氏、動画は「衝撃的」

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです