メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

謝罪の栄氏 協会強化幹部への復帰を否定

明治杯全日本選抜レスリング選手権大会開幕を前に、自身のパワハラ問題について謝罪する至学館大学の栄和人監督=東京都世田谷区の駒沢体育館で2018年6月14日午前9時23分、宮間俊樹撮影

 五輪4連覇した伊調馨(ALSOK)らへのパワーハラスメント行為が認定された日本レスリング協会の栄和人前強化本部長が14日、東京・駒沢体育館で開幕した全日本選抜選手権の試合前に記者会見し、伊調らに対して謝罪した。そのうえで、栄氏は2020年東京五輪に向け、監督を務める至学館大の選手の指導に専念する考えを明らかにした。

 日本協会が4月にパワハラ行為を認定後、初めて公の場で取材に応じた栄氏は将来、日本協会強化幹部に復帰…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです