メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

批判の中の開幕 国際問題が大会に影

 旧共産主義圏で初めてサッカーのワールドカップ(W杯)を開くロシア。だが、隣国ウクライナとの対立や、シリア内戦への軍事介入が大会に影を落としており、人権団体などが観戦拒否を呼びかける中、サッカー界最大のイベントの幕開けを迎えた。

 W杯開幕を控え、ウクライナのジダノフ青年スポーツ相は2014年に自国南部クリミア半島をロシアが一方的に編入した事例などを取り上げ、代表チームを送る国や地域に対しボイコットを呼びかける書簡を送付…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです