メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

ソ連崩壊なお影響 32チーム中最低の70位

サウジアラビアとの開幕戦を前に練習するスモロフ(左手前から2人目)らロシア選手。自国開催の大会として、期待が集まる=AP

 開催国ロシアの国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは出場32チームの中で最低の70位。強化育成が過渡期を迎え、過去最低の順位を更新し続ける苦しい状況の中、自国開催のワールドカップ(W杯)を迎えた。

 旧ソ連時代は1958年の初出場から4大会連続でベスト8入りし、66年イングランド大会では4強まで進んだ。しかし91年のソ連崩壊により、築き上げてきた育成システムは白紙に。ここからロシア・サッカー苦戦の道のりが始まった。

 かつては広い国土の隅々にまでサッカー教室が設置され、国が主導して幼少期から選手を育成した。指導者の…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  3. 死体遺棄 女性、28日帰宅後不明 警視庁、容疑者を殺害で追及
  4. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです