メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
ロシアW杯

ソ連崩壊なお影響 32チーム中最低の70位

サウジアラビアとの開幕戦を前に練習するスモロフ(左手前から2人目)らロシア選手。自国開催の大会として、期待が集まる=AP

 開催国ロシアの国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは出場32チームの中で最低の70位。強化育成が過渡期を迎え、過去最低の順位を更新し続ける苦しい状況の中、自国開催のワールドカップ(W杯)を迎えた。

 旧ソ連時代は1958年の初出場から4大会連続でベスト8入りし、66年イングランド大会では4強まで進んだ。しかし91年のソ連崩壊により、築き上げてきた育成システムは白紙に。ここからロシア・サッカー苦戦の道のりが始まった。

 かつては広い国土の隅々にまでサッカー教室が設置され、国が主導して幼少期から選手を育成した。指導者の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです