メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

開幕戦の競技場周辺はお祭りムード

 サッカーの祭典、第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会が開幕した。開幕戦のロシア-サウジアラビア戦が行われるモスクワ・ルジニキ競技場周辺は、14日午後6時(日本時間15日午前0時)の試合開始前からお祭りムードに包まれた。スタジアムに入る道路は車両の通行が規制され歩行者天国に。各国を応援する多くの人々であふれた。

 サウジアラビアから12日にモスクワ入りしたというメタブさん(36)は「初めて見に来たからとてもワクワクしている。日本の幸運も祈るよ」と興奮気味。開催国として多くの国民が応援に駆けつけているロシアのサポーターの熱気も高い。友人と観戦に来たナタリアさん(26)は「とても興奮している。ロシアが2-0で勝つよ」と不敵な笑みをうかべた。白、青、赤の国旗を体全体にペイントするサポーターもいて、開幕戦を盛り上げていた。【丹下友紀子】

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]