メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

対米報復関税 来月6日から 659品目5.5兆円

 【北京・赤間清広】中国政府は16日、同国の知的財産権侵害を巡るトランプ米政権の対中制裁に対する報復措置として、659品目、総額500億ドル(約5・5兆円)規模の米国製品や農水産品に25%の追加関税を課すと正式発表した。米国と同じ7月6日から段階的に制裁を発動する。米国は更なる報復措置も辞さない姿勢で、「貿易戦争」の回避は一層難しい情勢となり、日本を含む世界経済に混乱が広がるのは必至だ。

 中国商務省によると、7月6日に発動する第1弾の追加関税は大豆や牛肉を含む農水産品のほか、自動車など…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文830文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです