大阪府教委

高校英語「話す」テスト導入 大学新入試見据えた方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府教委は、今春以降の府立高校入学者に、英語の「スピーキングテスト」を在学中に課す方針を決めた。受験教育を手掛ける民間事業者に委託して独自のテストや教材を作り、教員自らが評価する想定。現在の高校1年生が受ける2020年度開始の大学入学共通テストを見据えた対応だが、専門家からは「教員の負担増」を懸念する指摘も上がる。

 現行の大学入試センター試験に代わる共通テストの英語では「聞く・読む・話す・書く」の4技能を民間資格・検定試験を活用して測る。文部科学省による17年度の英語力調査によると、高校3年生で「話す」「書く」が他の2技能に比べて劣った。府内の高校生も「話す」が主な課題で、府教委はスピーキングに重点を置くことにしたという。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文727文字)

あわせて読みたい

ニュース特集