メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいどさん

ハヤブサの巣立ち /石川

 「巣の場所は絶対に記事にしないので、教えてください」と何度頼んでも、県職員は「ダメです」と繰り返した。ハヤブサのふわふわのひなや、りりしくもつぶらな瞳の親鳥に一目会いたかった。

 県庁に今年も巣立ちの季節がやってきた。絶滅危惧種のハヤブサが高層階のベランダで産卵するようになって14年目。職員は、ハヤブサ一家が快適に過ごせるよう、ベランダに砂利をまき、窓のブラインドを閉め切る。うまく飛べ…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです