メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

伝統継承、酒造りに奮闘 「喜多酒造」9代目次期蔵元 喜多麻優子さん(28)=東近江市 /滋賀

「喜多酒造」9代目次期蔵元の喜多麻優子さん=滋賀県東近江市池田町で、諸隈美紗稀撮影

「女性ならでは」生かす

 1820(文政3)年創業の酒造会社「喜多酒造」(東近江市池田町)は全国新酒鑑評会金賞を4年連続、計18回受賞する老舗酒造。8代目・喜多良道社長の長女、喜多麻優子さん(28)は日本酒の楽しみ方を知ってもらおうと「蔵元の娘と楽しむ日本酒入門」を16日に出版する。一昔前は女人禁制だった酒造りの現場で、伝統を継承しようと奮闘する喜多さんに酒造りへの思いを聞いた。【諸隈美紗稀】

この記事は有料記事です。

残り1383文字(全文1580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです