メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

パピーウオーカーとしての1年 送り出す日「頑張ってね」と

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 昨年7月に1匹の犬との暮らしが始まった。「パピーウオーカー」というボランティアだ。生後2カ月程度の盲導犬候補の子犬と1年間一緒に生活する。犬はその後訓練所に行く。別れの日は近い。これまでの生活を紹介する。(京都女子大3年・丹治葉月)

 盲導犬候補の子犬が、一般家庭で暮らすのは、社会の基本的なルールを覚え、人との生活に慣れるためだ。その期間愛情いっぱいに育てて、訓練へと送り出すのがパピーウオーカーの務めである。父が犬好きで「こんなボランティアがある」と家族に話したことがきっかけだ。責任のある仕事であり、決して簡単なものではない。家族全員で協力しなければならないと父は思っていたのだ。

 パピーウオーカーになることが決まった。

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1651文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです