メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

パピーウオーカーとしての1年 送り出す日「頑張ってね」と

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 昨年7月に1匹の犬との暮らしが始まった。「パピーウオーカー」というボランティアだ。生後2カ月程度の盲導犬候補の子犬と1年間一緒に生活する。犬はその後訓練所に行く。別れの日は近い。これまでの生活を紹介する。(京都女子大3年・丹治葉月)

 盲導犬候補の子犬が、一般家庭で暮らすのは、社会の基本的なルールを覚え、人との生活に慣れるためだ。その期間愛情いっぱいに育てて、訓練へと送り出すのがパピーウオーカーの務めである。父が犬好きで「こんなボランティアがある」と家族に話したことがきっかけだ。責任のある仕事であり、決して簡単なものではない。家族全員で協力しなければならないと父は思っていたのだ。

 パピーウオーカーになることが決まった。

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです