メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シカ

交通事故から守れ 柵・標識設置 今秋、社会実験へ 県 /奈良

道路を横切る「奈良のシカ」=奈良市春日野町で、新宮達撮影

 奈良市の奈良公園周辺で生息する国の天然記念物「奈良のシカ」が車両にはねられる交通事故を減らそうと、県は今秋にも社会実験を始める。事故発生率が最も高い公園道の一部に、シカが飛び越えにくい高さ70~100センチの柵を設置。人の通路で柵を設置できない場所には、「シカの通り道」といった標識を目立たせることを検討している。【新宮達】

 県が管理する公園道(大仏殿~高畑町)の一部280メートル程度に新たな柵を設置する。ただ、バス停と春日大社の参拝道の計3カ所には設けず、人やシカの横断を可能とする。専門家の意見を踏まえて、この3カ所付近に標識や看板をより大きくしたり、増やしたりするという。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです