メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

骨太の方針

閣議決定 外国人に新在留資格 労働者受け入れ拡大

骨太の方針の概要

 政府は15日、経済財政運営の指針「骨太の方針」や成長戦略の「未来投資戦略2018」など、一連の政策方針を閣議決定した。骨太の方針は「少子高齢化の克服による持続的な成長経路の実現」を副題に掲げ、少子化や人手不足に対応するため外国人労働者の受け入れ拡大などを盛り込んだ。また、幼児教育・保育の無償化は、消費税率を10%に引き上げる2019年10月から実施する方針を明記した。

 安倍晋三首相はこの日の経済財政諮問会議で「人手不足感が高まる中、質・量の両面で人材を確保し、生産性の向上で潜在成長率を高めていくことが急務だ」と強調。年末までに経済財政一体改革の工程表を示す考えも示した。

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 元徴用工訴訟、日本資産の現金化は「望ましくない」  韓国大統領

  3. 投票廃止、任期撤廃の筑波大 「軍事研究ゴーサイン」の学長再任への消えない不信

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです