メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR実施法案

採決強行 「カジノ」まだ論点山積 331項目、法施行後制定

IR実施法案でなお残る論点

 15日に衆院内閣委員会で採決されたカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案は、山積みの論点や疑問点を残したまま、衆院での議論を事実上終えた。IRを「成長戦略の柱」と位置付ける政府だが、経済効果の試算はしていないとして議論は交わらないままだった。カジノの面積や、利用者がカジノ内で借金するためにあらかじめ事業者に預ける金額など、法施行後に政令などで定める項目も331にのぼっている。

 「賭博罪の違法性が阻却されないまま、(新設行政機関の)カジノ管理委員会にカジノ事業者が職員として入り込んで制度設計をして、カジノの場内では金貸し業が行われる。誰が犠牲者になるのか」

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです