メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

米朝首脳会談の核心=保阪正康

(コラージュ・平山義孝)米朝両首脳の姿は朝鮮中央通信・朝鮮通信の提供写真から

朝鮮戦争、休戦から終戦の段階に

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談が世紀の歴史会談になるか否かは、実は北朝鮮の非核化や米国による体制保証にあるのではない。もっとも重要な点は朝鮮戦争になんらかの形でピリオドを打つ、それが歴史的会談のゆえんではないかと思って注視してきた。しかし共同声明にはそれはなかった。惜しまれる。

 20世紀の積み残しの課題、それが朝鮮戦争の終結である。もともとこの戦争は、第二次世界大戦の決着が円…

この記事は有料記事です。

残り1738文字(全文1966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです