メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アフガニスタン

タリバン、政府と初停戦 断食月明け3日間

モスクの前でラマダンが明けたことを喜び合うアフガニスタンの人たち=カブールで2018年6月15日、ロイター

 【ニューデリー松井聡】内戦下のアフガニスタンで武装闘争を続ける旧支配勢力タリバンが、ラマダン(イスラム教の断食月)が明けた15日、政府側との3日間の停戦に入った。タリバンが停戦に応じたのは2001年の米英軍による攻撃で政権を失ってから初めて。しかし、15年7月から中断しているアフガン政府との和平協議の再開につながるかは不透明だ。

 「17年も平和を待ち続けてきた。停戦は3日間だけでも素晴らしい。真の和平につながってほしい」。首都…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文945文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです