メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

骨太の方針

小粒な成長戦略 歳出抑制は後退

茂木敏充経済再生担当相(左)、麻生太郎財務相(右)と共に閣議に臨む安倍晋三首相=首相官邸で2018年6月15日、梅村直承撮影

 政府が15日閣議決定した「骨太の方針」では、教育無償化など安倍晋三政権の看板政策である「人づくり革命」に関連するメニューが並んだ。だが、成長戦略や規制緩和策は小粒にとどまり、力不足の感は否めない。財政健全化の目標時期を5年先送りしたほか、2019年10月の消費税増税に備えた経済対策の実施も盛り込んでおり、歳出抑制は後退した形となった。【岡大介】

 「実行が大切だ」。安倍首相はこの日の経済財政諮問会議でこう強調した。成長戦略では、モノのインターネ…

この記事は有料記事です。

残り1684文字(全文1908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです