メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成人年齢引き下げ

改正民法成立 140年ぶり「大人」が変わる

 明治時代以降、140年あまりにわたって「満20歳」とされてきた成人の定義が見直されることが決まった。現行の20歳から18歳に成人年齢を引き下げる改正民法が13日、国会で成立し、2022年4月に18、19歳も新成人となる見通しだ。引き下げで何が変わり、暮らしにどのような影響がもたらされるのか。【和田武士】

 法務省によると、170本余の法律に「未成年」「20歳未満」といった年齢条項があり、各法律の所管省庁は成人年齢と連動して引き下げるかどうか検討してきた。条文中の「20歳」を改め、適用対象が「18歳」に引き下げられるのが旅券法や性同一性障害特例法などだ。改正で、20歳以上しか取得できない有効期間10年のパスポートを18、19歳でも取得可能になる。また、性同一性障害者は18歳以上で家裁への性別変更申し…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです