メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

プロが撮る 新「記念日」

自宅で生後間もない赤ちゃんを撮影してもらえる「ニューボーンフォト」=東京都練馬区で、2018年6月5日、林奈緒美撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 ニューボーン(新生児)、ハーフバースデー(生後半年)--子育て世代をターゲットに、写真館などが新たな「記念日」を提案している。少子化で被写体となる子どもの数は減っており、一人の子どもを撮影する機会を増やしていきたい考えだ。

 ●新生児を自宅で

 「眠たくなってきたかなあ」「トントントン」「お目々がくりくりだねえ」。カメラマンの福田愛子さん(44)が、かごの中に寝かせた生後1カ月の赤ちゃんをあやしながら、次々とシャッターを切っていく。出張撮影サービス「フォトワ」が昨年から始めた「ニューボーンフォト」の撮影風景だ。

 元々は子どもの誕生時に、知人や親戚に写真付きのカードを送るという欧米の習慣だ。生後間もない姿を写真に残すことが人気を集め、日本でもここ数年、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を中心に広がりを見せている。4月末に出産した次男侑哉(ゆうや)ちゃんの撮影をフォトワに申し込んだ主婦、砂田裕美さん(33)は「プロに撮ってもらった写真は特別な感じがする。今しか撮れない姿を残したいと思っていたが…

この記事は有料記事です。

残り1566文字(全文2039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです