メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点・働き方改革

長時間常態化、飲食業 好きな仕事なら我慢ですか 離職率高く、人手不足深刻

飲食業界の「転・就職合同説明会」の会場では、「完全週休2日制」などをうたう企業に注目が集まっていた=東京都千代田区の秋葉原UDXで2018年6月4日

 長時間労働が常態化する飲食業界。東京・秋葉原で今月4日、求人情報会社が主催し、居酒屋など約60社が集まって開かれた「転・就職合同説明会」には、同業他社からの転職希望者の姿が目立った。記者が参加者に転職を考える理由を尋ねると、「この仕事は好きだけど、もう少し人間らしい生活を送りたい」などの声が返ってきた。【市川明代】

 「結婚したので、ワーク・ライフ・バランスを考えようと思って」。ファストフード店に5年勤める男性(31)は、ホール責任者として開店準備から閉店まで1日16時間近く働いてきた。「過労を過労と感じないぐらい、まひしてしまっています」

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです