メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

京都国立近代美・横山大観展 目と耳で楽しむ 獅童さん、音声ガイド

[PR]

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     京都国立近代美術館で好評開催中の「生誕150年 横山大観展」で、音声ガイドが人気です。

     ガイドのナビゲーターを務めるのは歌舞伎役者・俳優として活躍する中村獅童さん。中村さんは2013年に公開された映画「天心」で、大観役を演じました。激動の近代を生きた大観の生涯、そして本展の魅力を中村さんが分かりやすく解説します。所要時間約30分。貸出料金550円(税込み)。目と耳で展覧会をお楽しみください。

     <会期>7月22日(日)まで=前期(7月1日まで)と後期(同3日から)で一部の作品を展示替えします。月曜休館(7月16日は開館、翌17日休館)。入館は9時半~16時半(6月の金土は19時半、7月の金土は20時半まで)。

     <会場>京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町、075・761・4111)

     <料金>一般1500円、大学生1100円、高校生600円。中学生以下無料

     <主なチケット販売場所>チケットぴあ(Pコード768-815)、ローソン(Lコード56445)など主要プレイガイド、コンビニで

     主催 毎日新聞社など

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

    2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

    3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

    5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです