JR西

新旧トワイライトエクスプレス、車両を展示 京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が17日で運行開始1年を迎えるのを記念し、京都鉄道博物館(京都市下京区)で16日、2015年に引退した旧トワイライトエクスプレスと瑞風の車両が並んで展示された。新旧そろうのは初めてで、大勢の鉄道ファンでにぎわった。

 この日、瑞風の展望車と客車の計4両が博物館に到着すると、ファンらが熱心に写真を撮った。このうち2両が旧車両2両(けん引車とサロンカー)とともに17日まで展示される。

 記念イベントには瑞風の広報大使を務めるバイオリニスト、葉加瀬太郎さんも駆け付け、「末長く可愛がってもらえるよう心から祈っている」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集