メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

初代から「格段の進歩」 川口シニアフェロー

「はやぶさ2は非常にスムーズで、はやぶさから格段の進歩だ」と話す川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構シニアフェロー(左)。右は元F1ドライバーの片山右京さん=相模原市中央区の相模原市立博物館で2018年6月16日、永山悦子撮影

 2010年6月13日に小惑星探査機はやぶさが地球帰還を果たしたのに合わせ、はやぶさプロジェクトマネジャーだった川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローと元F1ドライバーの片山右京さんが16日、相模原市立博物館で対談した。川口さんは目的地が目前のはやぶさの後継機「はやぶさ2」について、「非常にスムーズに運用しており、はやぶさからは格段の進歩だ」と評価した。

 相模原市は、はやぶさのふるさとであるJAXA宇宙科学研究所の所在地。同市出身の縁で登壇した片山さんは「私も小さい頃から宇宙が大好き。はやぶさ2が小惑星リュウグウに近づき、着陸できるかどうかとドキドキしている」と話した。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです