電事連

勝野会長「検討課題だ」 プルトニウムの削減策案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大手電力会社が保有するプルトニウムの削減策として電力会社間で融通しながら消費を促す案が浮上していることについて、電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は15日の定例記者会見で、「これからの検討(課題)ということだ」と述べ、実現可能性を探る考えを示した。

 電事連はプルトニウムを含むウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を原発の燃料として使う「プルサーマル発電」を全国の原発16~18基で実施する計画…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

あわせて読みたい

注目の特集