メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米司法省

FBIの再捜査「ミス」 クリントン氏問題

報告書公表「政治的動機に基づく判断ではなかった」

 【ワシントン山本太一】2016年米大統領選民主党候補のヒラリー・クリントン氏が国務長官在任時に機密情報を私用メールで送信していた問題で、米司法省は14日、連邦捜査局(FBI)が大統領選投票日直前に捜査を再開したことについて「重大なミスだった」とする報告書を公表した。クリントン氏は再捜査を「選挙の敗因」と主張していたが、報告書は「政治的動機に基づく判断ではなかった」と結論付けた。

 クリントン氏の私用メール問題を巡っては、司法省が16年7月、クリントン氏を訴追しないと発表していた…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです