日本地図

最古級14世紀中ごろ 広島の博物館が確認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
当時の日本のほぼ全体が記された最古級の「日本扶桑国之図」。上が九州で、下が東北を示す=広島県立歴史博物館提供
当時の日本のほぼ全体が記された最古級の「日本扶桑国之図」。上が九州で、下が東北を示す=広島県立歴史博物館提供

 広島県立歴史博物館(福山市)は15日、14世紀中ごろ(室町時代初期)に描かれたとみられる日本地図を確認したと発表した。本州から九州までが記され、全域が残った地図では最古級という。同館は「地図の記載に鎌倉、室町時代の過渡的な要素が含まれ、日本地図の変遷をたどる上で重要」としている。

 現存する最古の日本地図は京都・仁和寺に残る「日本図」(1305年)とされるが、西日本が欠けていた。全域が描かれたものは、これまで「拾芥抄(しゅうがいしょう)」(1548年)が最古とされていた。

 今回、新たに確認されたのは「日本扶桑(ふそう)国之図」(縦122センチ、横57センチ)。「扶桑」は古代の日本の異称で、地図は山城国(現在の京都府南部)を中央にして九州を上、東北を下にし、国内の旧68カ国の位置が丸みを帯びた形で描かれ、名称も記されている。九州の近くには、当時の沖縄の地名「琉球」を示す「龍及(りゅうきゅう)」の文字もあった。地図欄外には国名と郡名、人口や田畑の面積なども書かれている…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集