メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若松孝二とその時代

(3)ルポ 若松孝二&足立正生映画祭in香港 四方田氏、井上氏の講演会も

映画史家の四方田犬彦さんの講演は満員で熱心にメモを取る人も。2時間以上に及んだが、若松孝二さん、足立正生さんへ関心の高さがうかがわれた(右奥が四方田さん)=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第3回は、折しも6月1~7日まで、香港で開催された若松孝二監督と足立正生監督兼脚本家の映画祭「若松孝二と足立正生の獨立電影革命」の模様をリポートする。若松、足立両氏の監督、脚本作品8本が二つの劇場で上映され、若い世代を中心に多くの香港の映画ファンが駆けつけた。

 上映に際しては、若松監督の愛弟子の一人で脚本家兼監督の井上淳一さんと、映画史家で「若松孝二 反権力の肖像」(平沢剛氏との共編著)がある比較文学者の四方田犬彦さんがゲストとして招かれ、若松・足立両氏の映画への思いや政治や社会との関わり、人物像について熱く語った。井上さんは10月公開の若松プロ製作の新作「止められるか、俺たちを」の脚本も担当した。盛り上がった映画祭と講演会の模様などをお届けする。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4117文字(全文4466文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです