メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(3)ルポ 若松孝二&足立正生映画祭in香港 四方田氏、井上氏の講演会も

映画史家の四方田犬彦さんの講演は満員で熱心にメモを取る人も。2時間以上に及んだが、若松孝二さん、足立正生さんへ関心の高さがうかがわれた(右奥が四方田さん)=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第3回は、折しも6月1~7日まで、香港で開催された若松孝二監督と足立正生監督兼脚本家の映画祭「若松孝二と足立正生の獨立電影革命」の模様をリポートする。若松、足立両氏の監督、脚本作品8本が二つの劇場で上映され、若い世代を中心に多くの香港の映画ファンが駆けつけた。

 上映に際しては、若松監督の愛弟子の一人で脚本家兼監督の井上淳一さんと、映画史家で「若松孝二 反権力の肖像」(平沢剛氏との共編著)がある比較文学者の四方田犬彦さんがゲストとして招かれ、若松・足立両氏の映画への思いや政治や社会との関わり、人物像について熱く語った。井上さんは10月公開の若松プロ製作の新作「止められるか、俺たちを」の脚本も担当した。盛り上がった映画祭と講演会の模様などをお届けする。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4117文字(全文4466文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです