メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(3)ルポ 若松孝二&足立正生映画祭in香港 四方田氏、井上氏の講演会も

映画史家の四方田犬彦さんの講演は満員で熱心にメモを取る人も。2時間以上に及んだが、若松孝二さん、足立正生さんへ関心の高さがうかがわれた(右奥が四方田さん)=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第3回は、折しも6月1~7日まで、香港で開催された若松孝二監督と足立正生監督兼脚本家の映画祭「若松孝二と足立正生の獨立電影革命」の模様をリポートする。若松、足立両氏の監督、脚本作品8本が二つの劇場で上映され、若い世代を中心に多くの香港の映画ファンが駆けつけた。

 上映に際しては、若松監督の愛弟子の一人で脚本家兼監督の井上淳一さんと、映画史家で「若松孝二 反権力の肖像」(平沢剛氏との共編著)がある比較文学者の四方田犬彦さんがゲストとして招かれ、若松・足立両氏の映画への思いや政治や社会との関わり、人物像について熱く語った。井上さんは10月公開の若松プロ製作の新作「止められるか、俺たちを」の脚本も担当した。盛り上がった映画祭と講演会の模様などをお届けする。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4117文字(全文4466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです